2012.06.25

古美術展覧会

テキサス州ヒューストンは、宇宙基地として皆様に知られている都市でしょう。
その経済基盤は石油で、数は少なくても富豪が住んでいます。
ですからヒューストンには、アメリカでも10指に入る大きな美術館が存在します。
南部に位置する故でしょうか、人種偏見が強く、今までは東洋美術の人気はもう一つ低いものでした。
それではいけないと、近頃は韓国の美術館から韓国の古美術を借りたり、日本の東京国立博物館から作品を借りて展覧会を開催しています。

私の日本の古美術も貸してほしいと依頼があり、6月8日からコレクションの展覧会を開きました。
自分のコレクションを貸して、のこのことオープニングに行くのは、即ち“Thank you”と言われたいと行く様なものですから、躊躇しましたが、美術館からのたってのリクエストで、遠路、出席致しました。

展示されました部屋は大型体育館のサイズのものでした。
不思議なことに、日本美術はその雰囲気では全然気分が出ず、しっとりとした美しさはどこかに消えてしまいました。
でも、美術的真価は、却って強調されたかに思えました。
美術館からは、とても好評ですとメールを頂戴しますが、ちょっと信じがたいところもあります。
ともかく美しい日本の美術品が、皆さんの目に触れる機会があるのは良いことでしょう。
特に子供達に観てもらいたいと願っています。
【セミナー・研修のお知らせ】11.16 Rebroセミナー ~空調・衛生設備編~、11.30 CCNA資格取得支援セミナー を開催いたします。