2013.08.02

ポップアート

ポップアートが生まれて半世紀が経過しました。
美術に親しんできた人々の中には、ポップアートは芸術ではないと言う人がよくいます。

宗教の意味を説く芸術、自然の美を描く芸術、装飾的な芸術などとは、題材、表現方法からして見たところ非常に異なっていて、馴染めないからでしょう。
ポップアートの一番の特徴は、「身近なもの」を題材にしていることです。
スーパーに並ぶスープの缶詰めでも芸術にしました。 
芸術が持っている一面には、それぞれの時代の象徴的なものが何であるかを見る人に訴えているということがあると思います。
例えばキリスト教がその時代に大きな意味があれば、キリストの絵が多く描かれました。

ピカソが偉大な芸術家である理由は、それ以前の絵画のコンセプトを大きく変えたことにあると思えます。
ポップアートも同様の流れの延長にあり、歴史的に見ても決して取り上げられなかった題材をあえて芸術にしてしまいました。
あらゆる物事は角度を変えて見れば、考え方を変えれば、規定概念を覆し、もっと他にも数々の見方があるということを人々に伝えているのだと思います。

もう一つの特徴は、ポップアートは、作品を見る人の見かた次第で、いろいろな解釈ができると言うことがあると思います。
俗っぽく言えば、スープ缶の絵はそれぞれのスープの味がします。見る人の好きなスープも選べましょう。
キャンベルスープを並べたら、デザイン的に綺麗になりました。
色あい、プロポーション、ちょっとの違いがある各々のスープ缶の描き方等々、見る人のイマジネーションで、違う意味が導き出せます。

六本木の国立新美術館でポップアート展が開催されています。
アメリカの一時代の文化を生んだ作家たちの作品が展示されています。ご覧になって下さい。

<アメリカン・ポップ・アート展>
期間:2013.8.7(水)~10.21(月)
公式ホームページ http://www.tbs.co.jp/american-pop-art2013/
【セミナー・研修のお知らせ】11.16 Rebroセミナー ~空調・衛生設備編~、11.30 CCNA資格取得支援セミナー を開催いたします。