2014.11.11

Wellen de Kooning展

この平成26年10月7日から平成27年1月12日まで、ブリッジストン美術館でWellen de Kooning展を開催しています。
日本では馴染みの少ないアーティストですが、それでも、入場者の数が大変多いそうですから、やはり偉大なアーティストは、ファンがどこにでもいるのでしょう。

1960年代後半、70年代におきましては、今ポップアートが注目を集めている様に、アブストラクト インプレッショニストが、最大の脚光を浴びている時代でした。
その中で、de Kooningは、現代美術市場最高値で取引されたと報道されるほどの人気の芸術家でした。海外では、個展が多く開かれ、その芸術的偉大さにおいては、歴史に残る作家です。
ブリッジストン美術館が、流行を追うより、芸術性を尊ばれ、この偉大な作家の作品を日本で紹介されるべく、この展覧会を企画されたことに敬意を表する次第です。

今は亡き人ですが、de Kooningとは、個人的に親しくしておりました。
年に何回かは、de Kooningのスタジオを訪れては、大きな室内のここかしこに、たくさん積み重ねてある作品の中から、好きなものを選んで、ゆずってもらうのが常でした。
展示作品の中にJohnと小さくメモのように書いてあるがありますが、それは、ある日スタジオでその作品を選びましたら、これはまだ完成していないので、次回、来るまでに完成しておくので、忘れないように書いておくと言って、Johnと印しをしました。
Kimikoとサインされてあるものは、私が選んだのですが、de Kooningは、いい作品を選んだと言いながら、Loveと書いて、サインしてくれました。
アーティストとの思い出は、作品を見る度に、懐かしく、作品鑑賞より「重み」が増す様です。
この展覧会で展示されている作品の内、私のコロラドの家にかざられている作品が多数あります。毎日見ていました作品も、美術館で展示されると、とてもひきたちます。
de Kooningは、将来長く、現代美術史上に名を残すアーティストと、再確信しながら、この展覧会を楽しく見ました。
【セミナー・研修のお知らせ】11.16 Rebroセミナー ~空調・衛生設備編~、11.30 CCNA資格取得支援セミナー を開催いたします。